中国伝統医学太極拳会は2000年9月に日本・名古屋で設立されました。地域やカルチャーセンター等での指導を通じて、中国の伝統文化が培ってきた太極拳を通じた健康づくりに邁進しております。
↓↓↓クリックしてください。各項目を見られます。↓↓↓

[131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121

emoji
25回伝統太極拳談議サロン

 
謙虚の先を求めて第二段  安井推進部長

 
昨年一年は「謙虚の先を求めて(1)孔子/論語 (2)中国神話 

(3)前賢者の言葉に学びました。」

 
(1) 劉老師に出合い、太極拳との縁が出来ました。(禅縁)

 
(2) 共に学ぶ家族、友人が出来、新しく先生(先達)が育ち、

    輪が和となり大きく
発展してきました。

 
(3) 太極拳を通して自分自身の宝物(健康)を得ることに

   気がつきました。
「明珠在掌」です。
 
一生の宝物として太極拳を楽しく笑顔で続けましょう。

で終わりました。

 
そして劉老師から新しい公案「学十牛図」を頂きました。
 
これはすぐ答えの出る課題ではありませんよ、と言われました。
 
正に「登鸛鵲楼」の指示であり、叱咤激励です。
 
王之渙の詩にあるように、千里先の真理を見極めたいなら

「更上一層楼」です。
そこで次のテ-マを考えました。

 
美濃加茂の道場では昨年末より楊式太極拳剣の写書が始まりました。
 
劉老師から套路の名称は中国の歴史、文化、思想の心が全て

含まれていますよ、
とのお話でした。そこで全ての套路名称を写書、

実技から学び、五、七、五の句
にまとめ全て踏破する目標を定めました。
 
 
今回は
 
* 三環套月

 三つの環が月を覆う、まさに神秘的です。太極剣の心そのものか、

今月の句は封印います。全套路踏破した時、もう一度考え、

今日の思いと見比べたいと思っています。

 
*起式
 
 ●我が相手 君にあうすと 指を差す。

 
*接剣式
 
 ●心・技・体 精霊斂め 剣を取る。

 
*等魚式

 ●魚待つ 技二つあり 動と静。
 
  魚を捕る技は大間の本マグロ一本釣りだけではないよ、寒い冬、

池で糸を垂らして待つヘラ鮒釣りがあるよ、これこそ正に楊澄甫

大師の十訣「動中求静」か武禹襄大師の「敷」の教えか、

emoji劉老師からは剣の先の集中力不足と一蹴されました。
 
●藪の技 網を仕掛けて 等魚式。
 
●網仕掛け 魚の動きを我は待つ。
 
 
*左右落花
 
 ●風が舞い 花びらひらり 極意見せ。
 
 ●花びらに 託して見せる 曲と直。

 
  曲と直とは太極拳()の基本「勁整」 足・腰・手の先、

「曲中求直」の教えです。
 
 

最後に、劉紅年老師の
NHK出演を記念して一句。emoji

 
   emoji人人の 幸せ願い 剣()を舞う。

 

       これは正に「三環套月」の心の顕われか。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おすすめ情報
最新CM
[11/13 神谷 ルミ]
[11/13 よしだ えりこ]
[11/06 ブルース・カン]
[03/29 Ikuko.S]
[03/28 よしだ えりこ]
[03/03 小林 保弘]
[02/26 よしだ えりこ]
[04/24 梅村 紅美子]
[03/04 よしだ えりこ]
[01/15 よしだ えりこ]
最新TB
プロフィール
HN:
劉紅年
性別:
女性
自己紹介:
会長・劉 紅年 老師

伝統楊式太極拳第5代伝人
伝統武式太極拳第6代伝人

中国伝統文化の華である伝統太極拳の普及と継承を目的とし2000年9月名古屋にて設立しました。

楊式太極拳創始者の楊禄禅先師は晩年弟子たちを前に太極拳の究極の目的を話しました。

 弟子たちは秘伝の技の伝授を期待して集まっていたが先師の言葉はく「詳問用意終何在,延年益寿不老春」と答えたそうです. 日本語で太極拳の最終的な目的は,「アンチエイジング,心身ともの健康の実」であると。

司馬遷の「史記」によると紀元前3世紀、中国秦の時代に始皇帝の命を受け徐福以下3,000人の童男童女が東方(韓国、日本)に不老不死の霊薬を求めて船出しましたが霊薬は見つかりませんでした。

しかし、現代不老長寿の術はあります。それは太極拳です。

歴史のロマンと現代社会を生き抜く術を学びながら医学的効用について解明を図ってまいります。

医学博士会長 劉 紅年